2016年10月28日

男子高校生から見た宮崎ブルーベリー葉茶「ベリーフ」の味

本日まで3日間、職場実習に来ていた地元高校の男子生徒3名に、
宮崎ブルーベリー葉茶「ベリーフゴールド」を飲んでもらいました。

その感想とついでにキャッチコピーまで考えてもらいました。



(1)2年生男子 Tくん

◆キャッチコピー
「苦みと酸味のオンパレード」

◆感想
飲みきった後の余韻がポイントです。
小さい子が飲むのには多少強い渋みを持っていますが、
ほんとうにブルーベリーだけの味を楽しめました。


(2)2年生男子 Kくん

◆キャッチコピー
「最後まで飲みきらにゃいかん あきらめたらそこで不健康ですよ」

◆感想
少し酸味が強い気がする。
もう少しブルーベリー感を出してフルーティな感じがいいと思う。
(ハーブティみたいな)
味が梅干しっぽかった。


(3)2年生男子 Sくん

◆キャッチコピー
「長生きしたいあなたへ」

◆感想
ブルーベリーというよりもシソの匂いがして思っていたよりもすっぱかったです。
大人の味だなぁと思いながら飲んでいましたが、意外と癖になる味で、全部飲みました。
なんとなく健康になる味がしました...。



生徒の皆さん、御協力有難うございました。

ご覧の皆様も宮崎ブルーベリー葉茶「ベリーフ」を是非お試しください。




  


Posted by じどれ at 16:44Comments(0)職場実習生

2013年08月10日

これにて閉幕


こんにちは、みやざき地どれ市場にて研修中のまうスです。
ここでの研修も本日を以て終了します。
なんだか感慨深いですな。
詳しくは書きませんが、2週間の間で色々なことを学びました。
優しく指導してくださった社員の皆様にお礼申し上げます。
お世話になり、本当にありがとうございました。

これだけでは短いし寂しいので(またもや)私事ですがひとつ。

久しぶりに祖母の家に泊まりに行くことになりました。
と、いうわけで釣りを楽しもうと目論んでおります。
祖母の家の下に川が流れておりまして、小学生のころからそこで釣りをしては家に戻り七輪で焼いて食べたものです。
その川でおもに釣れ(獲れ)るのは

1.アブラハヤ
10センチ程。表面はぬるっとしています。
ウロコを気にせずかぶりつくことができ、味は淡白。
小さいのでピチョンピチョンと跳ねます。あまりにも暴れるため針が外れて逃げられることも。


2.キンギョバエ(若しくはハエ、ハエタゴロウと呼んでいます。恐らく「カワムツ」あたりが正式名称)
大きいもので20センチ程度。
ウロコが多くやや食べにくいです。
川臭いので慣れていないとやや食べづらいかも。


3.カワニナ
巻貝の一種。大きめの石をひっくり返すとたいていいます。
そのまま塩をふってふたをした鍋でしばらく煮る(?)と美味。おつまみに。


4.イモリ(アカハライモリ)
ミミズをつけた釣り針を目の前にたらすと簡単に釣れます。
同じイモリに同じようにミミズをちらつかせると何度でも食いついてきて釣れます。
ただしこちらはあくまでも遊び釣りなので食べたりはしません
調べたところ毒があるとか。ご注意を。


エサには普段祖母の畑を掘って出てきたミミズを使用。青虫が手に入れば青虫でもいいのですが。
たまにはPC画面から離れて田舎遊びも悪くないものです。

昔は罠を仕掛けてウナギ(もちろん天然モノ)を獲ってきて鰻丼にしたものですが、最近めっきり見なくなりました。水かさが減ったからでしょうか。
地球温暖化のせいかもしれませんね。



長くなりましたが、これにて終了させていただきます。
お付き合いくださりありがとうございました。
またどこかでお会いできますよう…。
  
タグ :宮崎県田舎


Posted by じどれ at 14:25Comments(0)職場実習生

2013年08月01日

みんみんみやざき

こんにちは、みやざき地どれ市場にて職場研修中のまうスと申します。

現在いくつか作業を任されたり、たまに社員の方々と雑談をしたりとなかなか楽しいです。

とても勉強になります。

今回ブログを書いてくれということで、日常と宮崎の良さを自分なりに紹介してみようかなと思っております。



研修のため宮崎駅から橘通りまで歩いてバス停に向かうのですが、研修初日に歩道に植えられた木(種類は不明)にセミがいたらしく、大合唱で迎えてくれました。

どうやら道行くサラリーマンやOLたちを夏の間毎日励ましてくれているようです。

サラリーマンにOLの皆様、そしてセミさん、毎朝ご苦労様です。

私事ですが、セミつながりでもうひとつ。

ある朝1階におりると、ムスッとした母が「6時前にセミが鳴きだしてうるさくて眠れなくなった。しようがないので起きて洗濯をしている」と言ってきたのですが、正直「それを言われてもどうしろと…」状態でした。

セミの寿命は人間に比べとても短いものとはいえ、夏だけ集中して鳴かれたら暑苦しくてたまらんですね。母の言い分も多少なりともわかるような気がします。

普段物音がしても起きないはずの父が起きてくるほどの騒音だったようです。


写真


このあたりで簡単にですが(個人的に思う)ふるさと宮崎の良さについて。

(かなり個人的に)宮崎のうだるような暑さが好きです。

腕時計を毎日日焼け止めを塗らずにつけていて、その部分だけ日焼けして白くなって友人と爆笑したり…。

暑い日にソフトクリームを購入しなめているうちに服がべっちゃりになったり…。

熱中症で倒れかけたことももちろんありますが、それでもこの夏の暑さが好きです。

そして、冬の宮崎ももちろん好きです。

高校時代によく夜8時ごろまで学校に残っていたのですが、ゲタ箱から1歩踏み出して外気に触れる瞬間、一気に目が覚めるあの感覚が好きでした。

今はパッパと帰ってしまいますが(笑)

空を見上げると明るい月がとても綺麗で、月を眺めながら帰ったものです。

冬はなんだか空気が澄んでいる気がします。空気が冷たいからでしょうか。

とまあ、ふるさと語りはこんなところです。



お付き合いくださりありがとうございました!
  


Posted by じどれ at 15:48Comments(0)職場実習生
プロフィール
じどれ
じどれ
宮崎県の地場産品を紹介・販売するポータルサイト 『みやざき地どれ市場“じどれっ娘”』です。
よろしくお願いします。
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
ブログの読者になる
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
オーナーへメッセージ